家の中で健康的に過ごす方法

健康

私事ですが、緊急事態宣言により一昨日から仕事も自宅待機となりました。

普段こんなに毎日家にいることがないので、ふと不安に。

「生活習慣が乱れて体調を崩したらどうしよう。ましてや激太りなんてしちゃったら・・・もう会社なんて行けない!!!!!!」

ということで、自宅待機やテレワーク中の習慣にしたいことをまとめてみました。

早寝早起き

3年前くらいに行った早朝の江ノ島。朝まで下北沢で飲んでそのままノリで行ったな〜

早速ですが、これはもう「健康的な習慣」の代名詞のようなとこありますよね!

早寝早起きのメリットはいくつかあります。

生活リズムが整う

セラトニンやメラトニンという言葉を聞いたことがあるでしょうか。

まずセラトニンですが、感情のコントロールを担っている物質で別名「ハッピーホルモン」と呼ばれています。セラトニンが不足してしまうと、イライラしたり悲観的になってしまったりします。逆に、しっかりセラトニンが増加すると、精神が安定したり、感情をコントロールできたりと良いことづくしなんです。そのセラトニンを増やす方法のひとつに、【日光浴】があります。

調べてみると特に効果的なのは、起床後30分以内に15分程度の日光浴とのこと。朝起きてすぐ朝日を浴びるって忙しい朝はなかなか難しいですが、家にいる今なら習慣化できそうですね!

次にメラトニンですが、こちらは睡眠ホルモンです。メラトニンは、朝日を浴びてから15時間後に分泌が増加していきます。よって早く起きて日を浴びると、その分早く眠りにつくことができるわけです。人間の体はよく出来ているんですね。

作業効率がアップする

仕事に行くギリギリまで寝ていたために、慌てて準備をして出かけていく。。。そんな経験がある方もいるのではないでしょうか。(私はよくやります。。汗)

起きたばかりはどうしても副交感神経が優位になっているため、頭がシャキッとしません。。。そんな状態では仕事や作業は捗りませんよね。

早起きをして、ストレッチをしたりゆっくり朝食を食べたりすることで徐々に心身ともにスイッチが入っていきます。

家で作業をする場合は勿論ですが、長期の休みから開けて会社に行き始める場合についても、早起きを習慣化することはメリットがあるんです。

朝と夜にヨガを取り入れる

ずっと家の中にいるということで、運動不足や生活習慣の乱れが心配です。

そんな時は、自宅でもすぐに取り入れられるヨガがオススメです。

朝ヨガの効果

朝ヨガには以下の効果があります。

  • 就寝時の体のコリをほぐす
  • 心身ともにすっきり目覚めさせる
  • 1日の代謝を上げる

朝からしっかり体を伸ばすのは本当に気持ちが良いです。さらに朝日を浴びながら行うことで、ハッピーホルモンであるセロトニンが増加するので精神的にも良い効果をもたらします。良いことだらけ!

しかもやり始めの頃は筋肉痛になったりします。動きはゆっくりですが、想像以上にいい運動になります。

寝る前のヨガの効果

寝る前のヨガには以下の効果があります。

  • その日1日の姿勢をリセット
  • 自律神経を整えることで安眠できる

夜のヨガでは、その日のコリをほぐしたり、骨盤のズレを正常な位置に整えたり、むくみを解消したりと、自分の体のメンテナンスをする時間です。さらに、ヨガのポーズには自立神経を整えることができるものも多いので、ぐっすり眠ることができますよ。

朝ヨガも寝る前のヨガも私はYoutubeを見ながらやっています。たくさん動画が上がっていますので、ご自身にあったインストラクターさんを見つけて実践してみましょう!

間食は無加工食品に変える

家の中には誘惑がいっぱいですよね。。。特に小腹が空いた時についつい食べてしまうおやつ類。誘惑に負けそう(泣)

今回の外出自粛が終わって友達や職場の人と久しぶりに会った時、「太ったね」なんて言われたくないです。そこで、家の中での間食は「無加工食品」に変更しましょう!

なぜ無加工食品なのか。。。加工食品のデメリットは以下の通りです。

  • 砂糖には依存性がある
  • 加工食品は食べやすい・柔らかいものが多くついつい食べ過ぎてしまう
  • 肝臓機能に大きな負荷をかけてしまう

砂糖には依存性がある

砂糖は「マイルドドラッグ」なんて呼ばれ、薬物やお酒並みの中毒症状を起こす場合があるんです。

砂糖依存症になると、大量に甘い物を摂取しないと満足感が得られなくなってしまうんです。おやつやジュース・清涼飲料水には思っているより多くの砂糖が使われています。知らず知らずのうちに依存症になってしまわないよう、日々気をつけないといけませんね。

加工食品は食べやすい・柔らかいものが多く食べ過ぎてしまう

加工食品って、手軽に食べられて、しかも手を加えているので柔らかいものが多いですよね。食べようと思えばすぐに楽に食べられてしまう。しかも、大して噛まなくてもいいので満腹感もなかなか得られない。。。

逆に加工されていなければ、皮をむいたり焼いたり蒸したりなど手間がかかる上に、硬かったり繊維が多くて食べにくかったりなど、食べることに時間がかかるものが多いです。よって食べすぎ防止になるんですね。

肝臓機能に大きな負荷をかけてしまう

加工食品に含まれている添加物には、ホルモンバランスを崩すものやアレルギーの原因となるもの、中には発がん性物質などもあるのです。

それを解毒するのが「肝臓」です。

他にも「肝臓」は、アルコールを分解したり、薬の代謝など多くの役割を担っていますので、添加物などの摂取をすることは、肝臓に負担をかけてしまうことになるのです。

その「肝臓」ですが、内臓の中で1日の基礎代謝量が一番多い臓器でもあるのです。

つまり、肝臓機能が低下しているとダイエットに良くない!なんてことになるんです。

ちなみに私は、いろいろ調べた結果、ひとまずアーモンドを続けてみることにしました。

徒歩圏内で行けるカルディで買ってきました

食物繊維がたっぷりで整腸効果があり、歯ごたえもあるので少量でお腹にたまるようです。他にも美肌効果、アンチエイジングの効果など女性に嬉しいことがいっぱいあるようです。1日20〜25粒が目安のようなので続けてみたいと思います。

ちなみに現在、最近稀に見る肌荒れ。。。ストレスなのか何なのか。。。アーモンドでよくなるといいなあ。

 
アーモンドロースト / 1kg 【創業101年 富澤商店】TOMIZ/cuoca カリフォルニア産 素焼き 無塩 無添加 便利なチャック袋入 ローストアーモンドホール

家の中でも健康的に過ごしましょう

外出自粛期間中ですが、ずっと家の中にいるにしても不健康な生活を送って病気になってしまったら本末転倒です。家の中でも工夫次第で健康的に過ごすことは可能です。

ちなみに私は情報過多で精神的に落ち込むのを防ぐため、ニュース番組も決まった時間にしか見ないようにしています。

心身ともに健康でいられるように色々考えながら過ごしましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました